手つかずの自然と、海に囲まれた小さな島々、ソロモン諸島。
そんなソロモン諸島の基本的な情報をわかりやすくまとめ、紹介しているサイトです。

ソロモンの世界遺産 東レンネル


東レンネル(イースト・レンネル)は、1998年ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された、ソロモン諸島のただ1つの世界遺産です。
東レンネルはソロモン諸島の中でも一番南に位置し、島の東側には国立野生生物公園が設置されている。
ユネスコでは、レンネル島の陸地だけではなく、島の周りの3海里も世界遺産として保護の対象にしています。

レンネル島には、テガノ湖という汽水湖(淡水と海水の混ざっている湖)があり、この湖は、島の面積の約2割を占めています。
この湖は、南太平洋地域では、オーストラリア、ニュージーランドを除けば、最大級の大きさと言われています。このテガノ湖は政府に所有権があるのではなく、周辺住民のものであるとされています。

またこの地域は、年間4,000mm以上の降水量があるため、ほとんど濃霧に覆われている熱帯地域で、レンネルオオコウモリやウミヘビ・マイマイなどこの島固有の動物が数多く生息し、植物にも固有性の認められる、ランやタコノキが自生しています。