手つかずの自然と、海に囲まれた小さな島々、ソロモン諸島。
そんなソロモン諸島の基本的な情報をわかりやすくまとめ、紹介しているサイトです。

ソロモン諸島の国民と言語


ソロモン諸島の人口は、約52万人。その人種構成は、メラネシアン:93%、ポリネシア:4%、ミクロネシアン:1.5%、ヨーロッパ人:0.8%、華人:0.3%、その他:0.4%から成り立っています。そのうち、約96%がキリスト教徒で、他の約4%は、地域固有の精霊信仰の人達です。
ソロモン諸島では、集落や部族の結束が今もとても強く、4000とも言われる数のコミュニティに分かれ、生活をしているようです。

言語については、公用語は英語とされていますが、主たる言語は現地語と英語とが混ざって形成された「ピジン言語」が部族間の共通語となっているようです。